ドラゴンズドグマ:ダークアリズン 攻略サイトWikiまとめ

Sun, 01 Oct 2017 13:35:07 JST (319d)
機種PC/PS3/PS4/Xbox360/Xbox One
発売日2017年10月5日
価格パッケージ版:3990円+税
ダウンロード版:3694円+税
ジャンルオープンワールドアクション
開発元
発売元カプコン
プレイ人数1人
対象年齢CERO:D 17才以上対象
公式サイトhttp://www.capcom.co.jp/DD-DA/

攻略・Wikiまとめ

ニュース

作品概要

思い描いた冒険が、甦る。

小さいころに誰もが想い、憧れ、胸を躍らせたファンタジーの世界。
そんな夢の世界での冒険を楽しめる『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』が高解像度化を実現し、PlayStation4で登場!

  • ドラゴンを倒す運命を課せられた、覚者の冒険。
    主人公が住む平和な村、漁村カサディス。ある日その静寂を破り、ドラゴンが村を急襲する。
    ドラゴンに心臓を奪われた主人公は命を落とすことなく、“覚者(かくしゃ)”と呼ばれる特別な存在となって蘇る。
    なぜ、自分がドラゴンに選ばれたのか。その謎を解くため、主人公は強大な力を持つドラゴンを打倒する旅に出る。
  • さらに地下世界が広がる“黒呪島”で紡がれる、もう一つの物語。
    呪いと死に満ちた静謐の島、誰もが忘れていたその島の名は“黒呪島”。
    覚者の命を狙う凶悪な魔物が棲息するこの地に、なぜ覚者が導かれたのか。
    墓碑銘(エピタフ)に徐々に刻み込まれる“覚者達の記憶”で明かされる真実とは。
    地下世界が広がる未踏の地で、もう一つの物語が紡がれる。

【アクション】想像を実現する自由なアクション。
つかむ、しがみつくなど、自由でリアルな基本アクション。
ジョブごとに使用可能な剣や弓による様々なスキルや、支援から攻撃まで多彩な魔法。
そして、仲間のポーンと連携したパーティーアクション。
想像した動きを実現する自由なアクションで、上空を羽ばたくドラゴンや、
踏み潰されるほど巨大なゴーレムなど、ファンタジーの世界に登場するモンスターに立ち向かえ。

【ポーン】かつてない体験を生んだ、仲間の貸し借り。
『ドラゴンズドグマ』では、最大4人のパーティーを組んで冒険をしていく。
覚者となるプレイヤー以外は、ポーンと呼ばれるAI制御のキャラクターが旅の仲間となる。
1覚者(プレイヤー)
主人公。プレイヤーが操作するキャラクター。

2メインポーン
プレイヤーと冒険を共にし、経験や知識を得て成長する。

3サポートポーン(2人)
オンライン経由で借りることができる、他のプレイヤーが育てたメインポーン。
オフラインの場合は、ゲーム内でスカウトも可能。

【キャラクターエディット】思い描いた姿で冒険できるキャラクターエディット。
プレイヤーの分身である主人公と、メインポーンの容姿は、自由にエディットできる。
エディット可能な項目は、性別、顔のパーツ、髪型、身長、体格、見た目の年齢など様々。
思い描いた姿でハイファンタジーの世界での冒険が楽しめる。

【ウルドラゴン】世界中の覚者で挑む最強の竜族。
屍のような姿をした巨大なドラゴン“ウルドラゴン”は、強大な力を持ち、
その体力も膨大であるためパーティーで何度も戦いを挑むことになるだろう。
オンライン時には、世界中のプレイヤーでネットワーク上に現れた同じウルドラゴンと戦うことができる。
最強の竜族といわれるモンスターを相手に、それぞれのパーティーで徐々に体力を削り討伐を目指す、
オンラインならではの大人数参加型の戦闘が体験できる。
オンラインでウルドラゴンに止めを刺した覚者には、
多大な報酬に加え、討伐達成者として石碑に名が刻まれる。