ARK: Survival Evolved 攻略サイトWikiまとめ

Thu, 26 Oct 2017 07:20:26 JST (86d)
機種PC/PS4/Xbox One
発売日2017年10月26日
価格6800円+税
ジャンルオープンワールド恐竜サバイバルアクション
開発元Studio Wildcard
発売元スパイク・チュンソフト
プレイ人数1~2人(オンライン:1~70人)
対象年齢CERO:D 17才以上対象
公式サイトhttps://www.spike-chunsoft.co.jp/ark/

攻略・Wikiまとめ

トロフィー

ニュース

作品概要

恐竜との生活、リアルなサバイバル要素、多人数マルチプレイ、クラフト機能などを盛り込み、
世界中で高評価を受けている『ARK: Survival Evolved』のPlayStation(R)4版が、国内発売決定!!

本作の舞台は、恐竜や古代生物が闊歩する謎の島ー
プレイヤーは、ある日この島で目覚めたサバイバーとなり、
自給自足の生活を営みながら生き延びることを目指します。

巨大な恐竜との戦いや飼育、食料や体温管理などのサバイバル要素、最大100人の多人数マルチプレイ、
拠点などを構築するクラフト機能など、様々な要素を盛り込んだオープンワールド作品として、
世界中で非常に高い評価を獲得し、熱い盛り上がりを見せている『ARK: Survival Evolved』が、
PlayStation(R)4で日本発売決定!!

■リアルに再現された、恐竜や太古の生物たち
『ARK: Survival Evolved』の最大の特徴ともいえるのが、島を闊歩する巨大な恐竜や古代生物たち。
彼らは実在の生物同様、それぞれが独自の生態系に基づいて行動しているため、
獰猛な肉食恐竜が草食恐竜に襲い掛かるといった光景を目にすることもあります。
プレイヤーはこうした生物たちを狩ることにより、肉や皮などの資源を手に入れることができますが、
本作ではそれだけではなく、彼らを手なずけ、共に暮らしていくことも可能となっています。

手なずけた生物は、プレイヤーと共に戦う仲間にも、荷物運びとして旅のお供にもなってくれます。
専用の「サドル」をつければプレイヤーが騎乗できるので、移動手段として役立つことでしょう。
さらに、同種の生物同士を交配すれば、繁殖させることも可能です。

■協力プレイやバトルが楽しめる多人数マルチプレイ
最大100人のプレイヤーが1つの島で同時にサバイバル生活を楽しめる、大規模なオンラインマルチプレイも本作の大きな魅力。
予め用意されたサーバー上に存在する島でのマルチプレイとなるため、
自分がプレイしていない間もゲーム内の時間は進み、各プレイヤーの行動が島全体に影響を与えるのが大きな特徴です。

他のプレイヤーへの攻撃ができないPvEサーバーと、他のプレイヤーへの攻撃が許可されているPvPサーバーが用意されているので、
協力プレイを中心にプレイしたい方も、仲間たちとトライブ(グループ)を組んで他のトライブとのバトルを楽しみたい方も、
どちらも気兼ねなく、お好みのスタイルでオンラインプレイを楽しめます。

■全てが自給自足のサバイバル生活
リアルなサバイバルをお楽しみいただける本作では、
プレイヤー自身の体力やスタミナ、空腹やのどの渇きだけでなく、気温や天候もサバイバルに影響します。
街やお店はもちろんなく、島に存在する人間はプレイヤーキャラクターのみとなりますので、
プレイヤーは、島で収集したあらゆる素材を使って食料や衣服、住居をクラフトし、
自らの生命を維持していきます。

舞台となる島は非常に広大で、雪原、海底、洞窟など地域によって気候や生息する動植物、
そこから手に入る資源にも違いが見られます。