信長の野望・大志 攻略サイトWikiまとめ

Thu, 30 Nov 2017 10:44:05 JST (51d)
機種PC/PS4/Switch
発売日2017年11月30日
価格通常版:8800円(+税)
TREASURE BOX:1万2800円(+税)
ジャンルシミュレーション
開発元
発売元コーエーテクモゲームス
プレイ人数1人
対象年齢CERO:A 全年齢対象
公式サイトhttp://www.gamecity.ne.jp/taishi/

攻略・Wikiまとめ

トロフィー

ニュース

作品概要

全ての戦国好きに捧げる、最高の戦国体験

■最高の戦略性 「志システムの導入」
本作では、シリーズ初となる要素として「志システム」を導入します。
「志」は、プレイヤーが選択する大名をはじめ、ゲームに登場するすべての武将たちが抱いているものです。
「志」は単なる1ステータスではなく、大名の考え方そのものを示すもので、
合戦や内政の方策およびゲームの目標などゲームプレイそのものを大きく変える要素となります。
「志」の違いにより、コマンドや勢力運営の方針、得意な戦術が大きく変化します。
「志システム」の導入により、政を司る各大名の行動にリアリズムを与えるとともに、
シミュレーションゲームの持つ最も大切な要素のひとつである「考える面白さ」を深く追求していきます。

■最高の駆け引き 「シミュレーションAIの変革」
「志システム」は、武将の決断にも大きな影響を及ぼします。
武将たちは各々の「志」に応じた未来像や価値観を持ち、
同じ状況下でも、その「志」によりそれぞれの判断を変化させます。
例えば外交において、国力差や友好関係だけで判断するのではなく、
「志」を遂げるための戦略を踏まえた上で同盟するかなどの判断を行います。
すなわち、今の状況だけで判断するのではなく、「志」が描くビジョンを見すえて判断を下すという、
新たなシミュレーションゲームのAI作りに挑戦します。

■最高のボリューム 「大名家ごとに異なるプレイ体験」「3D全国マップの進化」
「志」がゲームコマンドやAIに影響を与えることで、大名家の地の利や、所属武将の能力の優劣といった特徴によらないプレイ体験の変化を生み出します。
これにより、さまざまな大名でプレイしたくなるような、何度でも遊ぶことができるゲーム性を実現します。またグラフィック面でもクオリティアップを図ります。
その1つとして、前作『信長の野望・創造』においてご好評をいただいた戦国時代の日本を描く「3D全国マップ」が更なる進化を遂げ、
前作よりも100倍の精細さで戦国日本を描きあげます。そして、登場武将数も2,000人を超えシリーズ最多となり、顔グラフィックを新規に描き下ろす武将も多数登場します。

■最高の歴史ドラマ 「武将の生涯に光を当てるイベント」「和を追求した美しい音楽」
『信長の野望・大志』では、従来作品で描かれた「歴史上の大事件や大乱」だけでなく、
「武将の生涯や人柄が表れる逸話」や「全国各地の伝承」などを細やかに描いたイベントを多数収録します。
これにより、シリーズコンセプトである“戦国時代のifを楽しめる”だけでなく、戦国・歴史ファンをはじめとした多くの方に、
戦国時代および歴史の面白さ・興味深さをご提供できる作品を目指します。
また、大変ご好評いただいているBGMも、今回は和を追求し、更に磨きをかけた美しいメロディーでプレイを盛り上げます。